〝鐘のなる丘〟出現!!

足湯横芝生広場に〝鐘のなる丘〟出現
今年の干支であります“めぐみちゃん”(未)が恵方の矢印を背中にかついでいます。(縁起をかつぐ)CIMG6503
*恵方とは、その年の幸せをもたらす方角【西南西】を指しています
さらに、その場所には、ピラミッドの頂点に〝鐘〟をつるした聖地がございます。CIMG6502

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに≪パワースポット≫
〝鐘〟を鳴らすと幸運が舞い降りるかも・・・

『ナガラモ』!!

今が旬の食材『ナガラモ』
『ナガラモ』とは、正式名称「アカモク」と言い、海藻の一種です。富山湾では氷見地域が最大の自生地で、資源管理をしながら出荷しています。10940632_965052316846765_4412097247724793709_n[1]1601307_965052790180051_7794431763487208751_n[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ方としては、酢の物や氷見朝食研究会考案の<海とろめし>(湯通ししたナガラモを細かく刻み、メレンゲやしょうゆ、みそ、漬物などをあえてごはんにかけて食べる料理)などがあります。10929548_965053050180025_3043113229958041908_n[1]
ナガラモ漁は2月末までを見込んでおり、当施設内【鮮魚コーナー】に並んでいます。また、【飲食レストラン】でも提供しておりますので、ぜひ味わってみてください

【極秘プロジェクト】・・・

只今、【極秘プロジェクトに取組み中
現場を確認したところ人目のつかない小屋にて作業中
こっそりとカメラにて激写
何とか2枚の写真をGetCIMG6499CIMG6500

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、まだまだ〝謎〟だらけ
「おっ~と」、たった今、<緊急速報>が入ってきました
明日、時間未定、足湯横芝生広場にて〝何かが起こる〟とのことです。
今後の動きに注目していきたいと思います

〝節分フェア〟明日より!!

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のことです。節分とは「季節を分ける」ことをも意味しています。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多いです

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行います。

それでは、【得ダネ情報】一挙公開vmsisek

【重大発表】

只今恵方巻きに関わる大ステージを作成中

乞うご期待

 

地元の人にとって『ブリ』とは?

古い昔より氷見には『ブリ』が揚がっていました。定置網漁法が約400年前にはあったとされており、その漁法で獲った『ブリ』は、権力者や高貴な方々に献上していました。近年になると、県外へ集団就職をした氷見の人々が故郷を紹介する際に、「魚(特にブリ)がおいしい町」と話したり、自ら氷見から『ブリ』を取り寄せて食べたりふるまったりしたことで、口コミで徐々に氷見の『ブリ』は広まっていきました。今では全国から氷見の『ブリ』を味わいたいと多くの方々にお越しいただいておりますが、根本にあるのは地元からもまわりからも氷見の魚は愛されているという事実です。『ブリ』が獲れ始めると魚市場はさらに活気づき、それと同じくして『ブリ』の話題が町中にあふれます。〝鰤起こし〟が鳴ると「もうブリの時期だな」と思い、『ブリ』のニュースが入ってくると、『ブリ』の切り身がスーパーに並ぶ様子を思い浮かべます。実は地元でも高価な魚なので、毎日食べているわけではありません。食べたときはこの上ない至福。やはり『ブリ』は、地元の人々にとって切っても切れない生活の一部なのです。TV氷見b

〝氷見ならではの慣習〟

“ひみ寒ぶりシーズン”真っ只中
本日も臨時駐車場もが満車になるたくさんのお客様にご来店いただきましてありがとうございます。(一方でお客様にご迷惑をおかけしましたこと心より深くお詫び申し上げます。)

 

この時期、【氷見】と言えば、【ぶり】
今日は、その【ぶり】にまつわる〝氷見ならではの慣習〟をご紹介させていただきます。
●よめぶり文化
縁起の良い魚として地元で親しまれているブリは、氷見ならではの慣習があります。嫁いだ年のお歳暮にブリを丸々一本氷見の実家から嫁ぎ先に贈ります。このときに贈られるブリは、水揚げされた中でも上等なブリです。また、頂いたブリの半身はお嫁さんの実家にお返しします。それを「半身返し」といいます。sangyou-005-0[1]sangyou-003-0[1]

『フォトコンテスト入賞作品』展示!!

みなさん、こんにちは
今日から当施設フードコート内におきまして、「氷見から望む海越しの立山連峰」を世界遺産申請のための、フォトコンテスト入賞作品の展示が始まりました。
皆様から寄せられた応募作品の中から、見事に入賞された方々の作品でございます。CIMG6495CIMG6496

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、その素晴らしい景色を感じていただきたいと思います。CIMG6494b

氷見の魚がおいしい理由(その4)

●漁場の近さ
氷見の沿岸にはつの漁港があり、それぞれから約10~20分のところに定置網が仕掛けられています。漁場が近い=新鮮なうちに早く魚市場に運ぶことができます
♦〝氷見の寒ブリ〟がおいしいのは
富山湾にやってくるブリは生殖器が発達していない産卵期前のもっとも脂ののった状態です。ブリの群れが富山湾に滞在するのは数時間。そのわずかな間に定置網に入ったブリを漁師は水揚げしております。b

氷見の魚がおいしい理由(その3)

●『氷』を使って活け〆
漁師は漁船に大量に氷をつみ、水揚げした魚を船の中の氷水に入れて〝活け〆〟にします。また、魚市場で魚を競るときに使う箱の中にも氷をふんだんに使い、競り落としたあとも仲買人は多くの氷を入れて出荷します。魚は鮮度が命【氷見】の魚はこの氷によってさらに身の鮮度を保たせるのです。z

『ぶり・鰤・ブリづくし』!!

本日、『ぶり・鰤・ブリづくし』
朝、目が覚めて、速攻、お天気の確認

しか~~~し
午前7:30ごろから快晴
さあ、エンジン全開、今日もノリノリで行くぜ
まずは、先着100名様に当施設オリジナル干支フェイスタオルをプレゼント
「アッ」という間の5分間で終了。
続きまして、先着200名様限定、『ぶりかす汁』1杯200円
「じぇ・じぇ・じぇ」
驚くことに200mの列が・・・CIMG6435
さらには、今回の最大のやまば〝ブリ解体ショー大振る舞い
なんとこちらは、3名の鮮魚コーナーの鉄人が10㎏以上級のブリを同時に解体するというとんでもない企画CIMG6443CIMG6444CIMG6445

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、先着200名様にひみ寒ぶりのお刺身を大振る舞い
ご近所、ご遠方の方々など約800名のお客様に囲まれ大興奮CIMG6447
さらに、さらに、息つく暇もなく、先着200名様限定、<ポン菓子無料詰め放題>
こちらも小さなお子様からご年配の方まで最後尾が見えましぇ~~~~~んCIMG6453

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にたくさんのお客様のご来店心より感謝申し上げます。